離婚の財産分与 ~ガル離婚相談室~

離婚に踏み切る前にご覧ください

離婚を考える方へ、離婚するまでに知っておいた方が良い知識をまとめました。
※本文はメニューの後にあります。

離婚の基礎知識メニュー

離婚コラムメニュー

離婚をする際の財産分与

離婚の財産分与

財産分与金額

離婚の財産分与は、離婚の慰謝料とは違って、どちらが離婚に至るについて責任があるのかということに関係なく、婚姻期間中に夫婦の協力によって得た財産を離婚するに際して分与するというのが離婚の財産分与です。
ただ、財産分与には、夫婦の協力のもとで築いた財産を分けるという清算的な面と、一方の配偶者の扶養、生活の維持をはかるという扶養的な面があります。
よって、必ずしも財産の分与だけですむという事ではなく、金額や分割割合は個々の離婚のケースバイケースになります。
財産分与の対象となるのは、婚姻期間中に夫婦の協力によって得た預貯金は勿論、動産・不動産を含めた全ての財産が分与の対象となります。

  1. 配偶者の一方が、結婚の際に実家から持ってきた財産
  2. 配偶者の一方が、結婚前に蓄えた財産
  3. 配偶者の一方が、婚姻中に相続によって得た相続財産

上記1から3については、婚姻期間中に夫婦の協力によって得た財産とはいえず財産分与の対象とはみなされません。
財産分与の金額や割合などについては、個々の離婚のケースバイケースとなります。
また、給与所得者であるか、自営業や会社経営者であるかによっても異なることがあります。
金額面で合意できれば、その金額でいいということになりますが、合意できない時は速やかに弁護士など法律の専門家に相談し、法律に沿っての解決をお勧めします。
財産分与の除斥期間(※時効のようなもの)は2年となっており、離婚後2年を経過してしまうと請求そのものができなくなってしまいます。
「とりあえず離婚だけしておりて、後から財産分与の話を進める」
「隠し財産がわかったので請求したい」
などといったようなケースでは2年間の除斥期間に十分気を付けるようにしましょう。

また、年金分割法による、将来における年金の受け取り方法や分割割合についてや、退職金の分配についても決めておく必要があります。

浮気調査をお考えの男性の方へ

浮気調査を考える男性の方へ

近年、奥さんの浮気調査を探偵社へ依頼したいとお考えになる男性のお客様が急増しております。
真実を知ることは問題解決の第一歩です。
秘密厳守で安心確実な調査をお約束しますので、お気軽にお問合せ下さい。


熟年離婚

解決の第一歩は確実な証拠から相談ページ

無料相談専用フリーダイアル

このページの先頭へ