広島のいじめ実態調査・いじめ問題対策

いじめの実態調査

いじめの実態を把握し、対策・対応法を採ることにより、いじめ問題を解決に導きます。
いじめ問題は大変にデリケートな問題です。
当社ではお子様のプライバシーに最大限の配慮をしながらその実態を調査していきます。
いじめの実態調査における調査手法例

  • 素行調査による状況調査
  • 録音及び録画
  • 聞き込み調査
  • 証人、証言の収集
  • メールやLINE等、各種SNS関係の調査

いじめのサイン

子供のいじめ

いじめはどの学校でも起きる問題です。
いじめる側といじめられる側どちらも、「うちの子は大丈夫」などと思わず、注意深く先入観を持たずに子供からのイジメのサインを見逃さないで下さい。

いじめの発見ポイント例

  • 突然、反抗的になったり、口数が少なくなったりする
  • 最近、訳もなく学校からの帰りの時間が遅くなる
  • 家族との対話を避けるようになり、帰ってきてもすぐに自分の部屋に入ってしまう
  • ため息をついたり、ぼーっとすることが多くなり、食欲がなくなる
  • 衣服に汚れや破れが見られたり、すり傷や打撲の痕がある
  • 登校拒否。通学時間になると腹痛等身体の具合が悪くなる
  • 持ち物がなくなったり、壊されたり、落書きがある
  • 家庭から品物、お金がなくなる。あるいは、お金を欲しがる

法律に直結するいじめ問題

いじめ問題には必ず加害者が存在します。
いじめをされている側のご家族が、大切なお子様を守る為、いじめのサインを見逃さないことと同時に、いじめの加害者にならないよう見逃さない責任があります。

13歳未満であれば少年法により刑事責任年齢に達していないため、刑罰は受けません。
しかし、それは刑事責任であり、民事責任は別です。
親は自分の子供に対する監督義務があり、監督義務者が監督責任を怠ったという事実があれば、「不法行為によ損害賠償請求」が認められ、治療費や慰謝料といった賠償金を支払うことになります。

擦り傷やこぶ程度の怪我であれば治療費も高額にはならないでしょうが、いじめ行為の結果「PTSDが発症した」「骨折した」「鼓膜が破れた」「失明した」などといった高額賠償事例はいくつもあります。

いじめている側の親としては「たかが子供同士の喧嘩」「腕白なほうが良いじゃないか」と考えられるかもしれませんが、現実にいじめが原因で家族が崩壊するような高額な賠償が何件もある現実を知らなければいけません。

幼少期以降のいじめ

小学生高学年以降のいじめ

小学生低学年から中学年までのいじめと、高学年から中学生にかけてのいじめ、高校生以上になってからのいじめとは質が少し異なってきます。
それに従い解決法も学校単位での解決から、親が主体となった解決になることが想定されることをご理解ください。
昔でいう暴走族や不良グループが関与してくるケースがあるからです。
そういった集団が関与すると、事態はより複雑化し、深刻になってしまいます。
子供には子供だけが形成する独特の世界があり、いじめられてい大人を寄せ付けない秘匿性の高い集団を形成する傾向があります。
また、悪になるべくして生まれてきたような絶対的な悪といった存在が目をさますのが中学生以降の時期でもあります。

「あいつと関わったばかりに」「あいつとさえ出会わなければ」
そのように後悔している大人を含めた人物は多く存在しています。

どの世代のいじめ問題であれ、早期の対応が必要であることは誰しもがわかっていることですが、子供の問題と捉えてしまい、対応が後手後手に回ってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。
ただ、学校に期待できない現状を考えると、最悪の結果にならないよう対応できるのは親を含めた親族だけではないでしょうか。

いじめ調査相談事例

小学生のいじめ

「うちの子が最近ケガをして帰ってくることが多いんです」というお母様からご相談がありました。
息子さんは最近自分の部屋に閉じこもることが多くなり、夕食も食べない事が度々ありました。

調査~解決へ

学校前から尾行をしてみると、帰宅途中で数名の同級生と合流し肩を組みながら仲良く歩いている。
そのうちの一人がキョロキョロと辺りを見回している。
突然二手に分かれる。まるでアメリカのギャングのように機敏に動く。
後ろを振り返りながら角を幾たびも曲り、ちょっとした空き地に出る。
空き地には先程分かれた同級生が待っていた。
一部始終をカメラで押さえ依頼者に渡す。
それを相手の両親と教育委員会に伝えると共に学校にも連絡する。

いじめ問題の解決法について

いじめ問題は実態さえ判明させられたら、証拠さえ用意すれば解決できるという簡単な問題ばかりではありません。
当社には子供の問題に詳しい専門のカウンセラーが在籍しておりますので、調査終了後にどのような対処法を採るのが最適かなどを含め、アドバイスを行なっております。
親に心配をかけさせまいとするお子様の気持ちを含め、調査方法から解決まで綿密に打ち合わせをしながら進めされせいただいております。
子供のいじめは大人たちが考えている以上に悪質な場合が多いこともあり、大きな問題になる前に早期解決を行うことをお薦めします。

いじめの実態調査料金の算定

いじめ調査の面談

いじめ調査の料金は、被害状況や加害者が判明しているかといった様々な情報をお伺いした上で、ご希望やご要望も踏まえ、該当調査に最適な調査方法を考慮し、算出致します。

いじめ被害と行為の証拠収集が中心となる調査になりますが、当然ながら被害状況や調査の進捗状況に応じ、個別に対応法のアドバイス又は指示を行っていきます。

まずはお気軽にご相談いただき、プロの探偵のアドバイスやご提案をお聞きください。
ご相談は守秘義務に基づき秘密厳守で行っておりまずので、お伺いした内容が外部に漏れることは一切ありません。
また、ご提案やお見積りに費用はかかりません。

参考料金表

基本料金 成功報酬
いじめ調査 12,000円~/日
実態確認調査
800円(1㎡につき)
ストーカー対策 50,000円~ 0円~
ご近所トラブル調査 50,000円~ 0円~

全ての調査は、内容や期間によって料金が異なります。
また、上記でご紹介されていない様々な調査依頼を承っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。
尚、弊社では差別や各種法令に抵触する調査は一切行っておりません。

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ