盗聴器発見調査を依頼する際のアドバイス

盗聴器発見依頼

「盗聴されているのでは?」と調査を依頼する時は、周りの人に極力相談しないで下さい。
できれば、誰にも言わない。
何故なら、盗聴器を仕掛けているのは身近にいる人達の可能性が高いのですから、彼氏、友人、親子、兄弟。
会社なら、上司、同僚、部下です。
えっ、と思われるかもしれませんが全くの他人が仕掛けるケースは少ないのです。
もし相談した人が、仕掛けた本人ならば「止めときな」「高いんじゃないの」と言われるのが当然ですし、依頼したと話せば調査前に外され、調査が終わってからまた仕掛けられます。
これでは何回調査しても見つかりませんし、犯人も判りません。

盗撮器・盗聴器発見調査メニュー

探偵社への相談~盗聴発見調査

当社への連絡ですが、盗聴されているかも知れない部屋から電話してくるなんてもってのほかです。 絶対に止めて下さい。
公衆電話・携帯電話で関係のない所からかけ、更に気を付けるのであれば、口の動きを読まれないように、壁に向かって話すことをお勧めします。
円滑に調査が進むよう、ご協力下さい。

調査中電話回線は通話状態にして下さい。
通話状態でなければ盗聴器が電波を発信しない場合があるからです。
次に、CD・MDやラジオ、テレビなど音の鳴る物を用意して下さい。
盗聴器が反応して仕掛けてある場所を知らせてくれます。

■盗聴器(盗撮器)が見つかったら

発見時のことを考えご依頼者様が事前に決めておいて下さい。
警察に通報するか、当社で写真撮影の後に回収・保管をする。
また、仕掛けた相手を突き止める調査(別途料金)に切替える。
ご依頼者様ごとにケースは違いますので、予め心構えをしておいて下さい。

■アドバイス

盗聴発見調査実施して、盗聴器が仕掛けてあれば、必ず見つけ出します。
無ければ本当に有りません。
調査後に対策などをアドバイスさせて頂きますので、真摯なお気持ちでお聞き下さい。
また、調査後に分からないことがあれば、何なりとご質問下さい。
ご希望であれば実際の盗聴器を使用してデモンストレーションをお見せします。

盗聴器はいろいろな物に姿を変えて仕掛けられます、目視だけでは発見するのは困難になってきています。 電波式発信器は、一般的に100メートル内外の範囲で盗聴が可能ですし、携帯電話を使ったデジタル盗聴器では日本全国どこででも盗聴できます。広域帯受信機などの機器を揃えることができたとしても発見するには専門の知識が必要になります。


お一人でお悩みになるのではなく、プロの話も聞いて下さい。
より良い解決方法が見つかるはずです。


盗聴、できます対策

盗聴器・盗撮器とはいくつか例を挙げました。
その中のいくつかの対策を列記します、簡単ですので試してみて下さい。

■コンクリートマイク

ステレオやテレビを壁際に置いて下さい、テレビの場合、音声出力はステレオに繋いでください、それからスピーカーを壁に密着させて下さい、その上で常に音を出すようにすれば大丈夫です。

■コードレス電話

子機を使用する時は、周りに人が一杯いて聞かれないように話すのと同じように会話して下さい。
「そんなことできない」と、おっしゃる方もいると思いますので、もう一つ、コードレス電話を盗聴している人は、親機の電波を傍受していますので、親機に付いているアンテナを縮めるか、寝かして下さい。
何故か、こうすると親機が出している受信電波の範囲が縮まります。
これで普通に会話ができるのであれば、この状態でご使用下さい。
これだけでも他人に聞かれる可能性は低くなります。

■無線LAN

ご使用中の無線LANの説明書にしたがってセキュリティをかけて下さい。
これで当分は大丈夫です。
こうしている間にもセキュリティを解除する、暗号解読ソフトができていなければですが、一番安全なのは、ケーブルで繋ぐことです。

■ベビーモニター

これは簡単、ベビーモニターのある部屋に居る時は、電源を切って下さい。
これしか有りません

■デジタル盗聴器

現在最も効果的なのは携帯電話妨害機です。
但し、妨害機にもタイプがあり、FOMAやPHSに対応していない物があること、また妨害しようとしている本人の電話も使用できなくなります。
マンションやアパートでは、近隣の住人がインターネットの接続を、モバイル方式にしていると通信トラブルになりますので、注意が必要です。

かつて携帯電話もPHSもアナログ式の受信機があれば傍受が可能でした。
今ではデジタル電波に全て変わりましたので全く聞けません。
携帯電話が盗聴されているというお客様がいらっしゃいますが、ほとんどの 場合、近くに盗聴器が仕掛けられています。

もしあなたが、盗聴・盗撮をされていると思ったら、その周辺を見回って下さい。
大抵は近くに見たことが無い、不審車両が止まっています。
アナログ盗聴・盗撮器の電波が飛ぶ距離は、30~300メートル程、それも障害物が無いことが条件です。
もし、不審な車両を見つけたら、ナンバーを控えて下さい。

まず怪しいと思ったら行動です。そして専門の会社にご相談下さい。


注)当社では、盗聴器・盗撮器の発見を業務としております。
盗聴器・盗撮器を第三者宅に仕掛けることはお断りしています。

盗聴発見調査料金表

当探偵社では定期的に盗聴・盗撮に関する勉強会を開催すると共に、最新の盗撮・盗聴器に対応できるよう発見機材においても最新のものを使用しております。。

《調査料金表》※ガルエージェンシーでは全国で統一の料金を設定しております

盗聴器発見調査

基本料金 18,000円
(~20㎡ 拠点地より10km圏内)
追加料金 800円(1㎡につき)
車両盗聴調査 18,000円(車両持ち込みの場合)

ただし、調査場所、機器取り外し(特殊な場合以外は調査料金に含まれております)等の状況により、調査料金は変動致します。
可能な限りの低料金で最高の調査をご提案するのが相談員の仕事ですので、ご依頼者様にとって最良となる調査の組み立てをし、お見積りいたします。
詳しくは、ご相談下さい。 


解決の第一歩は確実な証拠から相談ページ

無料相談専用フリーダイアル

このページの先頭へ