浮気チェック

携帯電話から明かされる浮気の形跡

テレビドラマや小説のような衝撃的な出来事がこんなにも日常で起こっているのです。

浮気調査・素行調査メニュー

仕事と思われるメールは侮れない!

里美さん(仮名)のご主人は46歳、業務連絡に携帯メールを使う会社員。帰宅後も着信がたびたびあり、相手は久美さんも知っている会社の同僚だという。
「メルアドを見ると確かに同僚の男性の名前。
内容を見せてもらったところ《会議》とか《営業部》といった言葉が使われていたんです」。
ところがそれが落とし穴。
ご主人は浮気相手である会社の部下に同僚の名前を語らせ、メールのやりとりをしていたのである。
しかも二人は《会議=食事》、《営業部=彼女の部屋》など他人にはわからない暗号をつくり、密会の約束を取り合っていたのだ。
「仕事のメールと思っていたら、こんなことだったなんて…」。
男性同士は女性同士ほどメールのやりとりをしないもの。
里美さんはそんなご主人に愛想を尽かし、子供たちとの新しい人生を考えている。

バッテリーケースの裏に隠された秘密

恵子さん(仮名)のご主人は9歳年下。
「私がいた部署に彼が新卒で入ってきたんです。最初は弟みたいな感じだったんですけど、彼のほうが私に夢中になってくれて、年齢なんて関係ないって付き合いはじめました。」
まもなくして恵子さんは妊娠、そして結婚。
「彼はいつでも私のことを気づかってくれる優しい人。大切にしてくれているんだなと安心しきっていました」。
そんなご主人の浮気が発覚したのは、テーブルの上に置いてあった携帯電話を床に落としてしまったときのこと。
「衝撃でバッテリーカバーが外れてしまったんです。それを見た瞬間、愕然としましたね。バッテリーカバーの裏に知らない若い女と一緒に写っている彼のプリクラが貼ってあったんです」。
調査の結果、その浮気相手は20歳の女子大生。キャバクラで知り合い、交際がはじまったという。「私よりひとまわりも若い女と浮気していたなんて…」。
そんなショックから恵子さんは離婚を決意。
証拠を突きつけ、慰謝料と養育費はしっかり要求すると言っている。

会社で持たされている携帯電話は要注意!

「主人はとても真面目な性格なんです」と話す知香さん(仮名)。
そんな知香さんがITエンジニアのご主人(28歳)の行動に疑問を持ちはじめたのは昨年の夏ごろ。
ご主人が会社から業務専用の携帯電話を持たされたころからだった。
「とにかくその携帯電話を肌身離さず持ち歩くんですよ。トイレに入るときはもちろん、ビニール袋に入れて浴室まで持ち込んでいるようなんです。 水が入っちゃったらどうするのって注意しても、自分にしかわからない問い合わせが来たときにすぐに応えないと顧客のクレーム対象になると言われて納得してしまったんですね。 昔から仕事熱心だし、浮気なんてできるタイプじゃないと思っていたんですが…」。
調査によるとご主人はクロ。
その携帯電話は浮気相手とのメール用にご主人自らが契約をしたもので、料金請求書などは会社に送らせていた。
この事実が発覚した直後、知香さんはご主人に浮気相手と二度と会わないことを誓わせた。
携帯電話も解約し、今はもとの幸せな生活に戻っているという。
仕事人間だからと言って安心できないのが現実。
仕事にのめり込む人ほど女性にものめり込みやすいのだ。


浮気をしている方の大半がメールやSNSを利用して浮気相手と連絡を取り合っています。
それにより、メールやSNSから浮気が発覚するというケースが最も多いのです。
やり取りを消しているケースも少なくはありませんが、既にメールにロックをしている時点で既にやましい のです。
写真が残っていることもあったりします。
証拠の保全としては相手のケータイに映ったものを転送するのではなく、”デジカメ等で撮影”するほうが参考資料として使えます。
一番はビデオカメラで回したほうが証拠として記録を撮りやすいと思われます。

  • 最初にその携帯電話の番号をメニュー「0」などで表示させその後にメールなどのやり取りを撮影していくのが望ましいといえます。
  • ただ携帯電話の証拠だけでは裁判資料にはなりにくくやはり決定的とする為にホテルの出入りの証拠写真は必要です。
    内容も第三者が見て浮気を示す具体的な内容が無いと信用されにくいのです。
  • 最近、携帯電話のテレビCMでセキュリティケータイという商品をPRしています。
    一度携帯を閉じて再度あけた時に指紋認証などの機能がついた商品があります。
    モバイルSuicaなどのクレジット機能がついたものが当たり前になっていますのでこういった携帯電話からの浮気の発覚などが今までよりも少なくなると予想されます。
「携帯で分かる」夫の浮気チェックリスト
  • 携帯を見ようとすると極端に嫌がる。
  • 着信をバイブまたはサイレントにしている。
  • 着信・発進の履歴が消されている。
  • 常に受信BOXの中に何も無い(削除されている)。
  • あなたの前でかかってきた電話に「はい」「いいえ」でしか応えない。
  • いつでもどこでも(トイレでも)携帯を持っていく。
  • 携帯をチェックする回数が多くなった。
  • 電話帳に苗字のみで登録している。
  • あなたの前でかかってきた電話にでないことがある。
  • メールやメッセージを打つのがやたらと早くなった。
  • もう1台、携帯を持っているような節がある。

≪3つ以上「YES」の方は要注意です!≫

熟年離婚

解決の第一歩は確実な証拠から広島の探偵社ご相談ページ

フリーダイアル 0120-655-007

このページの先頭へ