騒音測定調査

騒音測定調査とは

騒音による健康被害を防止する為、国の規格に適合した専門の騒音測定計を使用し、調査を行います。
当探偵社では過去に様々な騒音測定調査でのノウハウを活かし、騒音を測定し、その原因特定を追求し、証拠を収集いたします。

騒音測定調査の現状

騒音による睡眠妨害など健康被害を防止する為、専門の騒音波測定器を使用し、調査を行います。
当探偵社では過去に様々な騒音測定調査でのノウハウを活かし、騒音の有無は勿論のこと、その原因特定を追求し、証拠を収集いたします。

騒音測定調査事例

調査事例

騒音被害

昼夜を問わず騒音があり、健康被害の相談を受け、該当する部屋内の騒音を測定。
原因は階上住民によるものとの事前情報もあり、騒音の測定を繰り返したところ、室内において受忍限度を上回る(昼間55デシベル・夜間45デシベル)を確認し、録音及び報告書を提出。

解決方法

騒音調査解決事例

依頼人が音声データ及び調査報告書を基に、管理会社通じ警察に被害を提出。
騒音は無くなったものの、睡眠妨害による健康被害があった為、弁護士に依頼し損害賠償請求を提訴をする運びとなった。
受忍限度を超える騒音による被害において損害賠償請求が認められた判例は数多くあり、本件依頼においても加害者が和解金を支払うということで決着がついた。

当探偵社の騒音測定調査

「測定器を使って騒音の数値を計測し、報告書類を提出する。」
簡単にように思えるかもしれませんが、計測結果を裁判の資料として使用することになった場合、ただ測定しただけでは騒音被害実態の証明不足として負けてしまう可能性があります。

  1. 計測機器の種類
  2. 計測方法
  3. 計測場所
  4. 計測位置
  5. 録音機器の種類
  6. 録音方法
  7. 騒音の証明方法
  8. 調査報告書作成方法

などを、専門の知識がないまま安易に行うと、報告書の証拠能力を問われることになり、騒音の事実を証明できなくなります。
弊社は騒音測定調査を弁護士の指示の下、法廷提出用証拠として証拠収集、報告書を作成してきた経験と実績が数多くあります。
騒音測定のような調査は、決して「安かろう、悪かろう」ではいけません。
弊社では、「安い上に間違いのない結果報告」でなければいけないとの理念の下、誠実かつ確実な調査の提供を行っております。


解決の第一歩は確実な証拠から相談ページ

無料相談専用フリーダイアル

このページの先頭へ