広島市内よりのアクセス方法

広島市より公共交通機関でお越しの方

広島市より電車での来社方法

広島市より電車・路面電車・バスで弊社までお越しの方は、広島駅にお向かい下さい。
広島駅で降りられ、北口(新幹線口)から駅構外に出て、ロータリー向こうの左右に走る道路(二葉通り「新幹線通り」)を右方面にお進みください。
2つ目の信号がある交差点角より、2つ目のビル(日宝若草ビル)の4階になります。

広島市よりお車でご来社される方

広島市より車での来社方法

広島市よりお車で弊社までお越しの方は、目的地の目印は広島駅北口になります。
ナビゲーションを設定される方は住所(広島市東区若草町10-12)又は電話番号(082-569-6656)をご指定下さい。

広島県庁より弊社までの経路例

お気軽にご相談下さい

広島市

広島市の調査ならガルエージェンシーにお任せ下さい

広島市にお住まいの方、または依頼人が県外・市外にお住まいで、調査対象者が広島市に居住・勤務されているというケースにおいて、探偵社にご依頼をお考えの方は広島駅前にあるガルエージェンシーをお選びください。

広島市地図

当探偵社に在籍する探偵は広島市内の土地勘に優れており、皆様に安心・確実な調査をご提供しております。 探偵社へのご相談にご不安がある方は多いかと存じますが、弊社は無理な調査提案などは一切行っておらず、ご相談やお見積りは全て無料です。
まずはご相談だけなされて、ご自宅にお持ち帰りいただき、調査の依頼をするかどうか等をしっかりと考えらるのが最も適切との運営方針を採っておりますので、無理な調査提案などは一切行っておりません。
安心してご相談下さい。

ご相談は予約制になっております。
ご予約の際に日時をご指定くだされば、専門の担当がお伺いいたします。
ご相談をお伺いする担当は、調査知識のみならず法律の知識にも精通しており、調査をご依頼なされない場合においても、有益なアドバイスを行える経験・実績共に優れた面談員です。
弁護士さん等のご紹介も行っておりますので、必要な方は遠慮なくお申し出下さい。

広島市の市章

広島市の市章

広島市の市章は、旧芸州藩の旗印であった「三つ引」(三)にヒントを得て、これに川の流れを表現するカーブをつけて、水都広島を象徴したもので、明治29年5月19日に制定されました。

広島市の名称由来

広島という名称は、戦国時代末期の1589年、この地を支配した戦国大名の毛利輝元が築城に際して命名した。第二次世界大戦後に新字・現代かなづかいになる以前は「廣島(廣嶋)」と表記した。

輝元の時代、この地は太田川河口デルタの形成途上にあり、箱島(今の白島地区)や日地島(比治山)などの中洲が点在する五箇庄(ごかのしょう)と呼ばれていた。
これらの中で最も広い島(実際には2番目)に築城したことから「広島」と命名したとされるが、輝元には別の意図もあった。
広島築城事業は、当時120万石の「西国の雄」毛利家が、本拠地をそれまでの吉田郡山城から移して新たに築こうという大事業であり、城の名称には家運長久の願いが込められた。
毛利氏は代々、大江広元の末裔であることを誇りとしており、「元」のほか「広」も諱に使用する字の一つとしていたことや「広大」「末広」の良縁起から「広」の字を冠することとし、「島」については城普請案内を務めた普請奉行の福島元長の名字からとって命名した。

広島市の宿泊施設情報(2015年現在)
ビジネスホテル・宿

広島市内には中区・南区を中心に約160軒のビジネスホテル及び宿といった宿泊施設があります。
当探偵社は全てのビジネスホテルの状況を把握しておりますので、どのホテルが調査の実施現場となった時も、臨機応変に対応が可能です。

ラブホテル

広島市内には中区を中心に約60軒のラブホテルがあります。
当探偵社は広島市内のラブホテル状況を熟知しておりますので、どのような浮気調査にも対応できます。

広島市他地域よりのアクセス方法

広島と隣接する県、広島県の各市よりのアクセス方法をご紹介しています。
お住まいの市名をクリック下さい。

広島県外

岡山県
鳥取県
島根県
山口県

広島県内

広島市
福山市
庄原市
三次市
府中市
尾道市
三原市
安芸高田市
東広島市
竹原市
呉市
廿日市市
江田島市
大竹市

広島駅新幹線口より徒歩3分

ガルエージェンシー広島駅前は広島駅新幹線口より徒歩2分、二葉通り(新幹線通り)沿いというご相談に便利な立地にあります。
ご相談は全て予約制になっていますが、早朝から夜間まで土日を含めてご対応しております。
お子様が学校へ行っている間に、お仕事の帰りに、弁護士さんとの打ち合わせ時に、裁判や調停の日程に合わせて、お気軽にご相談下さい。
勿論、お見積りだけでも構いません。

広島県地図

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ