冤罪証明調査

弁護士や依頼人の指示に従い、冤罪事件や自分にかけられた疑いを晴らす証拠や証言を収集します。
冤罪証明には科学的な証拠や第三者による証言を含め、複数の証拠が必要とされる場合が多く、経験や知識が求められる調査です。
詐欺事件調査における調査手法例

  • 調査対象人物の信用調査
  • 対象人物の尾行調査
  • 証人、証言確保
  • 同類事件被害者の捜索
  • 聞き込み調査 など

冤罪証明

冤罪とは・・・

「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉。
「濡れ衣(ぬれぎぬ)」とも言う

犯罪被害の証拠収集

恐喝・脅迫・美人局(つつもたせ)・ゆすり・強姦・暴行・傷害事件など犯罪被害に遭われ、警察などへの届出の為その証明が必要なケースで、プロの探偵が調査能力を駆使し、貴方のお役に立てるよう証拠を集めます。

調査事例

美人局

出会い系で知り合った女性とホテルから出たところ、旦那と名乗る男があらわれトラブルに。
免許証や名刺を見られ、住所や会社を知られた上、金銭の要求を受けている。

解決方法

男と女の関係を調査したところ、2人は婚姻関係にないことが判明。
女性の素行調査を進めると同様の被害者が起きている事実を掴み、その他にも複数の被害が確認された為、依頼人と他の被害者が協議の上、弁護士に相談。
美人局として被害届を提出することになった。

冤罪被害者や犯罪被害者の心理状況について

冤罪や犯罪事件に遭われた方やそのご家族は、PTSD(外傷後ストレス障害)やうつ病などのこころの問題を抱える場合も少なくありません。
また、被害者やご家族自身が自分の抱えているこころの問題に気づいていなかったり、気づいていてもなかなか専門機関を受診できないでいることがあります。
少しでもおかしいと感じたら、ご自身で、またご家族や友人などが促して早期に専門家の診断を受けることをお薦めします。


解決の第一歩は確実な証拠から相談ページ

無料相談専用フリーダイアル

このページの先頭へ