浮気が原因で離婚する

離婚を心に決め、浮気の事実は明白であるが証拠だけが無い為に、浮気調査を依頼される方。
弁護士に配偶者の浮気が原因とした離婚の相談をしたところ、証拠が必要と当探偵事務所を紹介され、浮気調査を依頼されるという方は毎年、相当数おられます。

「不貞の事実」は裁判によって離婚が認められる事由にあることにより、不貞の事実確認がされたケースでは、相手がどのような答弁をしたところで、ほぼ離婚は認められます。
当然、慰謝料請求も同時に行われることになるのですが、他にも離婚する時には

  • 財産分与
  • 親権
  • 養育費

など、決めておくべき事があいくつかあります。
離婚という決別を選ばれた以上、口約束ほど信用のできないことはありませんので、可能であれば公正証書、最低でも書面にて残されておくことを強くお勧めします。
特に養育費については、再婚など後の事情によって守られないケースが相当数ありますので、注意が必要です。

慰謝料においても、離婚しない浮気に比べると、高額の慰謝料となることが想定される上、財産分与や養育費についてもいくらかの上積みがあるケースも多く、弁護士を入れての離婚条件確定をお勧めしております。
子供が2歳の場合、大学卒業までには20年ありますので、月に2万円の養育費の上積みがなされれば総額では480万円の差となります。
また、子供が高額な費用がかかる医学部などに進学した場合や、高額な医療費がかかる病気になった場合なども想定し、養育費の取り決めをしておくことも重要です。

浮気調査・素行調査メニュー

調査事例

浮気チェック

親の介護だという理由で、子供を夫に預け、浮気相手と不倫を重ねているという妻の浮気調査依頼。
連日のように愛人男性の自宅に入り浸り。
2年間で愛人に費やしたお金は500万円以上になることも判明。
親権問題も含め、離婚を求めた対応を弁護士に依頼した。

解決方法

愛人とデート

財産分与の放棄、親権は夫の代わりに養育費は不要、妻への慰謝料放棄の提案に、浮気相手と一緒になりた妻は合意。
すぐさま離婚は成立した。
その後、浮気相手男性に慰謝料500万円を請求するも、元妻とはそれが原因ですぐに別れることになり、慰謝料は350万円で決着。


熟年離婚

解決の第一歩は確実な証拠から広島の探偵社ご相談ページ

フリーダイアル 0120-655-007

このページの先頭へ