浮気調査の舞台となるべきことの多い「ラブホテル」

浮気の証拠能力という点においても

ラブホテルはビジネスホテルや愛人宅への出入りと比べたら

格段に高いといえます

なぜならば、ラブホテルを利用したということは

ラブホテルは社会通念上、施設の中で性行為が行われる場所であると

一般認識がされている特殊な宿泊・休憩施設になります

ですので、訴訟となった場合においても

ラブホテルへの複数回の出入りの証拠さえあれば

いくら「肉体関係はなかった」と反論しても

裁判官は認めず

肉体関係があったと判断されるのです

そのようなラブホテルですが

広島での浮気調査においても頻繁に利用されます

ただ、探偵側からすれば

広島の、特に薬研堀や流川といった繁華街から近いラブホテルは

駐車場も少なく

前の道幅も狭いといった事情から

全国の地方都市の中でも調査難易度は高い方になります

中には駐車できるスペースが非常に狭く

利用者はフロントで車のカギを預け

お客さんの利用状況に合せ、スタッフが移動するラブホテルもあります

ですので

対象者と浮気相手がラブホテル方面に向かうと察知した時は

早い段階で距離を詰め

撮影準備に入る必要があり

また、ホテル内の構造を把握し

出入りの姿をカメラに押さえねばなりません

そこで要求されるのは

高度な尾行・運転技術と土地勘

しっかりとした知己を持つ探偵社に依頼することが

結局、安上がりで早期に浮気の証拠を掴むことに繋がるのです

そういった意味でも

広島で浮気調査を依頼する時は

慎重に探偵社を選ぶ必要があります

探偵社は決して敷居の高い業界ではありません

まずは勇気を出して

無料相談専用フリーダイアル(0120-655-007)へお問合せ下さい