浮気(不貞行為)を原因とした慰謝料請求

配偶者(事実婚を含む)に浮気(不貞行為)が認められた時の対応策として、慰謝料請求が可能となります。
慰謝料請求をする主な手段としては

  1. 浮気相手だけに慰謝料請求をする
  2. 配偶者だけに慰謝料請求をする
  3. 浮気相手と配偶者の双方に慰謝料請求をする

といった方法が挙げられます。
浮気問題を解決しようとした場合、夫婦間や親族を間に入れての「話し合い」といった手段を選択される方が多くいられますが、その結果、同じ相手との不倫が繰り返されるというケースが後を絶ちません。
その時だけは、一時凌ぎの反省の態度を示したものの、内密に浮気が継続されているというパターンです。

また、「裁判や調停、弁護士に頼むなんて大袈裟なことは・・・」と慰謝料請求を躊躇される方も多くおられますが、専門家からすれば、親族を巻き込んでの話し合いの方がよほど大袈裟なことであり、弁護士を含む守秘義務があるプロの専門家により解決の方が、スマートかつ誰に知られることなく解決ができる方法であるといえるのです。

中には、慰謝料請求をしたことにより、浮気をした配偶者から「お金なのか!」と言われ、心を痛められることを恐れる方もいますが、それこそまさに”逆切れ”であることは明白であり、浮気相手を慰謝料請求から守るために”逆切れ”や”泣き落とし”をするのは、浮気をする方の常套手段であることを知っておいた方が良いでしょう。

浮気は法律では不貞行為という不法行為であり、浮気の慰謝料請求は”不法行為における損害賠償請求”という被害者を救済する正当な法律行為になります。
自分の権利である慰謝料請求を法律の専門家である弁護士に依頼し、堂々と行うことで、浮気は嫌だという意思表示が行えるのと同時に、さらなく浮気の抑止効果になることは間違いがないことでしょう。

では、浮気を原因とした慰謝料がどれくらいの金額になるかといえば

  • 浮気の結果、離婚に至るのか至らないのか
  • 浮気の期間
  • 浮気の回数
  • 悪意がどれだけのものか

と、様々な要素によって異なります。
裁判結果でも、50万円から400万円程度と判決には大きな差があるのも個々の事案によって中身が大きく異なるからです。
ただし、判決になで至るケースは極僅かであり、殆どのケースは和解による解決が図られ、判決よりも和解のほうが高額になる傾向があります。
 ※和解金額は公開されない為、定かではありません。
和解の条件として、浮気相手に謝罪と2度と会わないといった誓約書を出させるケースもあります。

何故、慰謝料請求をするのかの理由

浮気問題の解決に慰謝料請求という方法をとることに躊躇される方はいるでしょう。
「お前は金なのか?」と言われるのが苦しい。
「大事にしたくない。」
といった理由があるからだと思います。

そういった気持ちは十分理解できますが、例えば夫婦間の話し合い(親族を交えても含む)にて解決を図った場合、最終的には相手の謝罪を受け入れ、信じて再構築をするケースが多いのではないでしょうか。
その場合、法律では「0円で双方が合意し、示談が成立した」ことになります。
示談が成立した以上、不貞の問題はそれが最終決着となります。
最終決着とはそれで全てが終わりということです。

今後、長い夫婦生活の中では夫婦喧嘩が起きることもあるでしょうし、何がが原因で機嫌の悪い日も双方にあるでしょう。
そんな場合も、不貞が再び繰り返された場合などを除き、過去の不貞問題を口にすることは、終わった問題を繰り返し追及していると受け取られる可能性があります。
もし、その後の生活の中で夫婦関係の持続が難しいとされる時が訪れ、離婚を選択するようなことがあれば、過去の不貞問題を繰り返し口にしていた本来であれば被害者である筈の貴方が、婚姻を継続し難い重大な事由の原因を作った【有責配偶者】とみなされ、慰謝料請求の対象になる可能性すらあります。

浮気問題の決着方法で慰謝料請求をお勧めするのは、長い夫婦生活を過ごされる中での心の決着をすける為の【せめてもの慰謝料請求】であり、【慰謝料を貰ったのだから】との心の置き場を作る為でもあります。

慰謝料請求は不貞という不法行為を行った者に対し、被害者が行える正当な法的手段です。
金銭は問題ではなく、慰謝料にて示談をすることにより、法的に誰が悪かったのか明確にもなります。
自分はこれだけ浮気が嫌なんだという意思表示にもなりますし、不貞を繰り返されない為の抑止効果としても十分なものがあるでしょう。

浮気調査・素行調査メニュー

調査事例

浮気チェック

何気なく見た主人のスマホから浮気相手とのラインのやり取りが発覚。
週末の浮気調査を依頼。
同じ浮気相手と複数回ラブホテルへ出入りする証拠を入手。
浮気相手は仕事の部下である女性と判明。
弁護士に依頼し、愛人女性に慰謝料請求。

解決方法

愛人とデート

最初は不貞の事実を認めなかったものの、調査報告書にある証拠を突きつけると、観念し不貞の事実を認めた。
150万円の慰謝料と共に、今後も会社で顔を合わすことに不安があった依頼者は謝罪文及び会社外では2人では絶対に会わないという誓約書を要求。
依頼者の要望を全面的に飲み、示談にて収束に至った。


調査事例

浮気相手と旅行

妻の言動から浮気を疑った夫からの浮気調査依頼。
調査を行った結果、同じスポーツジムに通う既婚男性との不倫が発覚。
ラブホテルの出入り及び、自宅に招いての不貞行為が確認された。
夫は弁護士に依頼し、妻への離婚及び2人慰謝料を請求。

解決方法

不倫

不貞の事実が明らかである為、妻は離婚に応じ、財産分与の放棄という形で決着。
浮気相手の男性は350万円の慰謝料を払うことに合意。
その結果、浮気相手男性も妻に浮気の事実を知られることになり、相当額の慰謝料を払った上で離婚。
後日、浮気相手男性の妻から離婚した妻に300万円の慰謝料請求があったと耳にしたが、既に無関係の為、関わることはなかった。

熟年離婚

解決の第一歩は確実な証拠から広島の探偵社ご相談ページ

フリーダイアル 0120-655-007

このページの先頭へ