広島の下着泥棒(色情狙い)調査

下着泥棒(色情ねらい)

下着泥棒(色情ねらい)は住居不法侵入及び窃盗を含めた犯罪行為です。
当探偵社では過去に様々な下着泥棒(色情ねらい)事件調査でのノウハウを活かし、下着泥棒(色情ねらい)の立証を可能とするべく証拠を収集いたします。

下着泥棒(色情ねらい)の実情

下着泥棒(色情ねらい)事件は被害者が複数になるケースが大半で、犯人検挙に至った場合、多くの窃盗被害にあった下着などが証拠物として押収されることになります。

勿論、希望すれば返却されますが、大半は所有者不明のまま破棄されることに・・・。

下着泥棒の調査事例

虐待の証拠撮影を目的とした調査事例

下着泥棒

最近、よく下着が盗まれるようになり注意していたところ、帰宅しお風呂に入ろうとすると窓の外に人影らしきものが・・・。

翌日、風呂場の外を確認してみると、何者かが侵入した形跡があった。

下着泥棒調査~依頼人が判断した内容

下着泥棒

洗濯物の干されるベランダ部分、自宅への出入り口、風呂場へ通じる通路の全てに暗視撮影可能なカメラを設置し24時間体制で録画をすることに。
同時に探偵を自宅に配置し、モニターで確認。

後日現れた下着泥棒犯を特定し、警察に通報したところ、犯人は下着だけが目的ではなく盗撮行為を含めたストーカー的な目的であったことが判明した。

探偵の行う特殊撮影

一般的には不法侵入者の防止を目的とする場合、防犯カメラの設置が挙げられますが、下着泥棒など犯罪目的の侵入者の場合、カメラが相手に見られる為、適切な選択とはいえないでしょう。
また、相手に防犯カメラに対応した侵入経路や動きをされたら、意味のないものとなってしまいます。

探偵の行う特殊撮影は証拠撮影に特化した機材と手法を用いる為、相手にカメラの存在を悟られることなく証拠撮影が可能となります。

通常では難しいと思われる所での撮影や、他社では不可能とされた案件であっても、まずはお気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ