下着泥棒(色情ねらい)犯罪の証拠収集調査

下着泥棒(色情ねらい)調査 下着泥棒(色情ねらい)は住居不法侵入及び窃盗を含めた犯罪行為です。
当探偵社では過去に様々な下着泥棒(色情ねらい)事件調査でのノウハウを活かし、下着泥棒(色情ねらい)の立証を可能とするべく証拠を収集いたします。

下着泥棒(色情ねらい)の実情

下着泥棒(色情ねらい)事件は被害者が複数になるケースが大半で、犯人検挙に至った場合、多くの窃盗被害にあった下着などが証拠物として押収されることになります。 勿論、希望すれば返却されますが、大半は所有者不明のまま破棄されることに・・・。

また、対象人物は異常性癖者である為、忍び込んだ部屋に盗聴器を仕掛けられたという例もあります。
まずは、防犯を心がける必要がありますが、ベランダ等に防犯カメラを設置するなどといったことは賃貸住宅では難しく、個人では対策が限定されるといった事情もあります。

下着泥棒(色情ねらい)調査事例

調査事例

下着泥棒

最近、よく下着が盗まれるようになり注意していたところ、帰宅しお風呂に入ろうとすると窓の外に人影らしきものが・・・。
翌日、風呂場の外を確認してみると、何者かが侵入した形跡があった。

解決方法

盗撮被害

洗濯物の干されるベランダ部分、自宅への出入り口、風呂場へ通じる通路の全てに暗視撮影可能なカメラを設置し24時間体制で録画をすることに。
同時に探偵を自宅に配置し、モニターで確認。
後日現れた下着泥棒犯を特定し、警察に通報した。

防犯対策について

当探偵社では下着泥棒対策だけではなく、どのご家庭にも可能性がある空き巣・泥棒対策として各種防犯設備の設置を推奨しております。
防犯カメラ設置とそれを意識されるステッカーの提示や、感知式防犯ライトの設置、お庭や通路に防犯砂利を敷く、番犬を飼う、鍵の交換・防犯ガラスの導入など、様々な対策をとることにより多くの犯罪が防げることに繋がることでしょう。

世間話の中ではよく、「うちには盗られる物なんてないから」「金目のものは置いてない」という言葉を耳にしますが、泥棒や空き巣にしてみれば、それは侵入した後に気づくだけで、何も盗られなかったとしても、窓ガラスを割られて部屋を荒らされただけでも、大きな被害と苦痛があることですから。


解決の第一歩は確実な証拠から相談ページ

無料相談専用フリーダイアル

このページの先頭へ