社内調査のご提案|法人・企業様へ

ガルエージェンシーでは、法人さまに対するサービスを行っております。
主に「信用・素行調査」ならびに「雇用調査」を駆使した社内セキュリティを御提供致します。
その他、さまざまな企業の悩みを総合探偵社ならではの形で、バックアップできる体制を有しておりますので、お気軽にご相談ください。

広島の探偵社ご相談ページへ

御社の抱える課題やトラブルを事前にリクエスト頂きまして、ご都合の良い日時に弊社会議室にて過去の事例や対策を会談させて頂きます。
またご希望であればスタッフが御社、指定の場所にて出張する事も可能です。

法人・企業様メニュー
営業戦略 社内セキュリティ
社内調査
  • 役員・社員の背任行為
  • 秘密情報漏洩対策
知的財産権の侵害
盗聴器対策 顧問契約
損害保険調査 詐欺事件調査

法人リスクマネジメント

社内調査

社内調査

役員、社員の背任行為

急増する背任問題に豊富な調査実績を生かし、問題解決のお手伝いを致します。
特に、増え続ける「任期中に自身の会社設立準備を行い、退任後に自社の精鋭の営業マンを引き連れ起業する」といった問題は会社にとっても死活問題です。
多大な損害を与える害役員・社員を、事前に調査によって把握し、排除致します。
新入社員時代から研修を積ませ、営業の第一線になるまで会社が育てた大切な人材を連れていかれた損害は計りしれません。
欧米の企業では役員の身辺調査は常識です。
優秀な営業マンの実績が急に落ち込むといったことなどがあれば、落ち込むには必ず原因は何処かにあるはずです。
それを調査によって判明させ、大事に至る前に判明事項を元に対処を行ないます。

また、役員や社員による巨額横領事件が報じられることがありますが、事前に対策をとることによって大半が防げた事件であるのです。
貯蓄を目的とした横領事件はほんのごく一部だけであり、大半が【借金】【博打】【投資に失敗】【異性問題】【酒】といったことが原因のものです。
会社は被害者であり、「信用していたのに裏切られた」という言い訳は通用出来ない時代です。
本来、被害者であるはずの会社が、社員管理がなされていないダメな会社とされてしまうのです。

機密情報漏洩対策

【知的財産の侵害や大切な社内の情報が外部に漏れている】
【最近商品の売上げが伸び悩んでいる、急に落ち込んでいる】
などといった情報の漏洩の可能性がある業績不審の原因を、調査によって解明します。
「まさかうちの会社に限って・・・」などという甘い考えはもっての外ではないでしょうか。
どんな少しの異変も放置せず対策に取り組んでください。


弊社では、どのような調査も守秘義務に基づき、秘密厳守にて行います。
全社員に対しても、雇用時には秘密保持契約を交わし、徹底した守秘義務教育を行っており、安心してご依頼していだだけます。
また、開業以来20年余りになりますが、ただの一度も弊社から調査に関わる情報が漏れたことはありません。


解決の第一歩は確実な証拠から広島の探偵社ご相談ページ

フリーダイアル 0120-655-007

このページの先頭へ