探偵業界の実情をご存知の方は少ないはずです

普段、どんなことをしているのか?

社員にどんな人がいるのか?

その希少性と特殊性から、あまり知られることがない探偵業界ですが

実際のところは

探偵業界で働く社員の探偵歴は

約9割が10年未満で、その大半が5年未満といったところです

調査を行うにあたり体力的に厳しいということもありますが

待遇や休み、調査中心の不規則な生活などを含め

将来性を考えたら・・・というのが本音ではないでしょうか

その根底にあるのは

一般の方からの調査依頼が本当にあるのは

『限られたごく一部の探偵社だけ』である為

調査も少なく、生活が安定しないという実情があります

また

社員だけではなく探偵事務所自体も

全国にある探偵事務所の9割以上が『下請け業務が中心の探偵社』

であることは、ほとんど知られていないことです

大手探偵社の下請け、企業からの下請け業務ばかりですから

薄利での営業なのは言うまでもありません

従って、従業員の人件費をかけられないことから

「一人だけで運営している探偵社」

「社員がいたとしても、調査がある時だけのアルバイト的な存在」

になり、探偵に憧れてなってみたものの

それだけでは食べていけないとなり辞めていくのです

そういった事情により、10年以上のキャリアがある探偵は

「運営の安定している限られた大手探偵社にしかほぼいない」

という現状になるのです

実績も経験もない、または少ない探偵が調査を行うことで

依頼人のリスクは計り知れなく、何1つメリットはないのです

どこの探偵社のHPでも調査力がどうのとは書かれていますが

そんなのはほぼデタラメのはったりで信用してはいけません

一般の方が探偵歴を確認する方法は少ないですが

ホームページの運用実績や会社概要にある代表者の経歴

また、探偵事務所にある表彰状や

探偵学校を卒業している方であれば卒業証書の発行年月日

などが参考になるかと思います

ちなみに弊社では所長の20年を筆頭に

探偵歴が15年の社員はもちろん、10年選手がゴロゴロ在籍しています

そのことは長年、健全な運営がなされてきた証しの1つではないでしょうか