浮気調査をご依頼される方で

不貞問題の解決方法を夫婦間の話し合いを選択しようとする場合

ご報告時には調査報告書と証拠動画DVDの予備を依頼するようお勧めしています

浮気調査の調査報告書

法律(探偵業法)により

調査結果報告後速やかに情報を全て削除するよう義務付けられているからです

浮気調査をご依頼された全てのお客様にも説明しておりますが

通常のご報告の場合、お渡しする調査報告書とDVDは一巻づつになります

法的対応をご希望され、弁護士などにお持ちいただくケースでは

原本を弁護士さんが保管し、必要箇所をコーピーなどし

慰謝料の請求を含めた対応をしていくのが通常ですので

一巻づつで問題ないのですが

浮気、不貞の証拠

話し合いの証拠に活用される場合

相手(浮気をした配偶者)が逆上し

報告書やDVDを取り上げ、破棄・破壊されたとしたら

証拠が無くなってしまうことになります

弊社の場合、依頼人がご希望される場合は

期間を定め(最長6か月間)てデータを残すことは可能ですが

不慮の事態など

無用なトラブルを避ける為にも

証拠はご自身で管理される方が安心であり、確実です

また、話し合い時に

調査報告書を取り上げられ、破棄されたという話は

時々ありますので

自分だけは大丈夫などと過信されないようにして下さい

また、報告書と同じく

録音証拠や撮影されたラインやメールなどの証拠も

必ずバックアップしておくことをお勧めしています

せっかく集めた証拠が相手の悪意によって失われ

正義や権利が守られないことにもなりかねません