探偵学校に入校を希望される方や探偵社に就職したいといった方から

「探偵になるには自動二輪免許が必要ですか?」

と、よく聞かれます

それに対し、あくまで個人的な意見になりますが

「自動二輪免許は必須ではないけれど、あった方が良い」

といつも答えています

まず前提として、バイクの特性は

①機動力に優れ、車両尾行には最適のアイテム

②張り込みには不向き

③運転しながらの撮影は高度な技術を要する

というものがあります

どんな渋滞もものともせず

ただただ車両を尾行するだけなら、バイクは最強です

また、バイクのエンジンを切り、押して歩く場合

道路交通法では「歩行者扱い」となり

究極、信号無視で捕まって減点はありません

そういったことから

探偵にとって自動二輪が運転できるというのは大きな武器です

しかしながら

探偵業務の現実は

東京などの都市部を除き、張り込みなどの利便性を考え

大抵が四輪での調査になります

といったことから

調査班を結成する時には

四輪を二台、二輪を一台といったように

バイクと車を混ぜた配置になるのです

なので、自動二輪の免許が必要かと問われたら

私を含め、自動二輪での調査ができる調査員がいるので

「自動二輪免許は必須ではないけれど、あった方が良い」

という答えになるのです

ついでに書いておくと

自動二輪での尾行は、ただ免許があって普通に運転できればいい

というものではありません

尾行や張り込み、撮影をするのが探偵の仕事ですから

バイクだと尾行だけしかできない調査員よりも

全てが出来る調査員の方が良いに決まっていますので

免許を取ったとしても運転テクニックを含め

バイクでの調査のトレーニングが必要になります

それが出来ない場合は・・・・

半人前とまでは申しませんが

超一流にはなれない

ということです

普通免許さえあれば大抵の探偵事務所に就職は可能ですが

目指すのはどこなのか?となると

また別の話です

調査員になるというのは本物の探偵になるまでの過程で

そこからがスタートだと考えた時

いずれ必要になるであろう自動二輪免許を

今取得するか? 後にするか?

は個々が考えることなのです