ガルエージェンシーで検索すると

「ガルエージェンシー 口コミ」

「ガルエージェンシー評判」

といった検索候補が表示されます

探偵社にちょうすぉ依頼されようとする方であれば

その探偵事務所の評価はどうなのか?は気になることでしょう

ただ、その検索結果を見てみると

表示されるのは、ほぼほぼ同業他社が運営するサイトのもの

本当に依頼された方からの口コミ評価は皆無の状態です

そして、その内容はというと

「ガルエージェンシーは良い探偵社ですが、こちらはもっと良い」

「こちらの探偵社の方が安く調査できますよ」
といった

他の探偵社に誘導するような内容ばかり・・・

中には誹謗中傷するものもあります

宣伝広告という括りでいえば

一定の意味はあるのかもしれませんが

検索されている方が知りたい情報ではないでしょう

また、そのようなサイトを運営しているい探偵社に限って

グーグルやヤフーで「ガルエージェンシー」と検索すると

上部や下部の広告欄に、該当する探偵社の広告が表示されています

ということは

その会社が広告の検索キーワードに

「ガルエージェンシー」

を入れているからに他なりません

自社の広告に他社の社名をキーワードに組み込むなんてことは

他の業界ではあまり見られないことです

例えば、「トヨタ」と検索した結果に

トヨタ自動車の他、中古車関連の広告が表示されても

「ニッサン」の広告が表示されることはなありません

また、ガルエージェンシーの知名度が増すにつれ

「○○エージェンシー」といった探偵社が全国に乱立しました

誘導広告も悪口も、名前を似せるのも

目的は何か?と考えた時

答えは説明するまでもないでしょう

同業他社を叩くのも自社の宣伝に繋がるのかもわかりませんが

探偵業界への不信に繋がる可能性も考えて頂き

少し自制して貰いたいものです