探偵に浮気調査などの調査を依頼しようとする時

少しでも安い調査料金の探偵事務所を探そうとするのは当たり前です

実際、探偵社の中には「激安」「格安」「浮気調査50%OFF」といった

安さをキャッチフレーズにする探偵社は少なくありません

激安探偵社

調査料金が安いのは、お客様にとって悪いことではありません

しかしながら、悪かろう安かろうでは本末転倒ではないでしょうか?

通常、浮気調査を行うのは

例えば

「今月の○日の土曜日に旦那が浮気相手と会うのをメールを見て知った」

「その日、調査を行って浮気の証拠を押さえたい」

といった調査依頼があったとして

弊社であれば

予備調査(下見調査)で調査対象者の容姿確認や調査開始場所において

調査を確実に行えるよう入念な下見を行います

そして、本調査に取り掛かります

調査体制は通常であれば3人1組が基本となります

対象者が車を使う場合は

調査車両を4輪2台、または4輪1台2輪1台といったように配置し

確実に浮気の証拠を押さえられる体制をとります

調査が終われば調査報告書の作成と証拠動画を編集しDVDに焼きます

浮気調査は、調査開始場所から対象者が出てくるところから始まり

不貞行為の現場となるラブホテル等への出入りを確実に撮影し

依頼内容によっては浮気相手の住所割り出しまでを行いますので

弊社の調査では他の調査会社でよくある

「いきなりラブホテルから始まる調査報告書」

といったことは決してあり得ません

通常の浮気調査の場合、1日の調査であれば報告書の枚数は

30~50ページ以上で、動きが多いときは100ページ程度になります

証拠DVDは、調査報告書と連動し、さらにわかりやすく

確実な浮気調査の証拠が動画で収められています

予備調査と本調査、そして、報告書・DVD作成で計3日間

1日の調査を行うのに調査員は3日間の稼働を必要とするのです

それだけの仕事を、調査稼働日だけの

1日30,000円で行いますよとするのは

本当であれば、複数人数で行うと言いながら1人しかいない会社か

ろくでもない手抜き調査を行う会社という事になります

または、1日30,000円というのはただの客寄せ宣伝文句で

後から追加費用が必要になるという、お客さんを欺く広告になります

品物を買う場合は、「安かろう悪かろう」であったとしても

諦めるなどで済むでしょうが

探偵業に調査を依頼する場合は、人生や社運がかかっていることが多く

「安かろう悪かろう」では話しになりませんし

最悪、調査が発覚してしまうなどの事態が発生してしまった時

後からまともな探偵社に依頼しやり直せればまだ良いですが

対象者が警戒してしまい調査が行えないといった事態もあります

また、調査難易度が上がる為、調査員人数を増やす必要が生じ

結果、非常に高い調査となってしまうのです

そういった部分も含め

探偵社を選ぶ際は、料金だけでなく

その探偵社の実力が本物であるかを十分吟味された上で

せめて調査料金が全額先払いではない会社は当たりまえとして

毎日の調査報告書がどのようなものかの明確な説明があり

そのレベルの調査が実施できなかった時には調査料金が必要ないといった

安心して調査を依頼できる【契約書】を発行する会社を

お選びされることをお勧めします