一般の夫婦が別居する時によく問題となる「妻や子供の生活費」

それを法律用語で「婚姻費用」と言います

婚姻費用が決まらない時は調停で決まることになるのですが

それを婚姻費用分担請求を求めた調停と言います

では、その婚姻費用は一体どういって決められるのかというと

【一切の事情を考慮する】とされています

なので

旦那が浮気した結果、別居に至ったというケースと

妻が男を作って勝手に出て行ったというケースでは

結果が同じ別居であっても婚姻費用には大きな差が出ます

大切なのは、どちらに非があるか?

どちらに不法行為があったかです

不法行為というのは

不貞行為(浮気)

同居義務違反(理由がなく一方的に出ていった)

DV(ドメスティックバイオレンス)

など、様々ありますが

当然、不法行為が認められば婚姻費用に影響します

また

たとえ、一方的に出て行ったとしても

婚姻費用が0円になるということは少ないです

同居義務違反に不貞行為となると0円になる可能性はあります
 ※子供がいる場合は別

よく、婚姻費用を養育費と混同される方がいますが

全く別物です

養育費とは離婚時に決められるものであり
 ※妻の扶養義務がなくなる為

婚姻費用とはまだ婚姻関係にある間に決められるものです
 ※妻の扶養義務があるから

金額は【養育費<婚姻費用】と婚姻費用の方が多くなることから

「では、ずっと別居の方が良い」

と考えられる方もいますが

たとえ夫に不貞などの不法行為が認めらたとしても

一生別居を強いるような法律はありません

いつかは離婚が認められることになります

ですので

婚姻費用とは

①お互いを見つめ直す為の別居期間に支払われる生活費

②夫婦が離婚を目的とした別居を選んだ際、離婚までの生活費

という内容になります